導入事例

オフショア開発の提供において効率的なデバイス制御で 強固な情報漏えい対策を実現し顧客に安心感を提供 設計・製造分野におけるオフショア開発について、業界を牽引するアールテクノ。同社はインドとベトナムに現地法人を持ち、さまざ […]

豊島区役所の教育委員会は、区内にある学校での情報漏えい事故を防ぐため、これまで様々な施策を打ってきた。その一環として学校の教職員が使っているパソコンは一般ユーザー権限しか与えられておらず、USBメモリを使ったデータのやり […]

一般財団法人 労災サポートセンターでは、全国7 拠点の支援センターと、遠隔地で働く労災ケアサポーターのPC 端末にDeviceLock によるデバイス制御とネットワーク制御を施すことで、管理コストをかけずに運用できる堅牢 […]

TTKは、情報関連設備を扱っていることもあり、セキュリティ意識が非常に高い企業だ。情報漏えい対策にも注力しており、業務効率を低下させずにUSBデバイスの管理を徹底したいと考えていた。DeviceLockを導入したことで、 […]

君津市では、2007年当時、USBフラッシュメモリーの普及に伴って、職員がUSBメモリーを庁舎に持ち込む事も多くなっていた。 総務部情報政策課は、情報漏洩の危険を回避するために、USBメモリーの使用を制限するシステムの導 […]

千葉県袖ケ浦市では、5年ぶりの庁内LAN設備更新の際に、情報漏洩対策システムを強化することを決めた。そのシステムの概要と、そこにおけるUSBメモリアクセス制限の位置づけについて、情報推進課 近藤英明氏に詳しく聞いた。 袖 […]

岐阜県を代表する地域中核病院の岐阜県総合医療センターでは、平成18年11月に電子カルテを中心とした医療総合情報システムを導入した。それに伴うセキュリティ対策として、デバイスのアクセス制御に「DeviceLock」を採用。 […]

東京都日野市では情報漏洩対策に取り組み、主要な保存メディアとなっているUSBメモリのアクセス制御を検討し、既に導入していたデバイス制御ソフトウェアから乗り換えで「DeviceLock」を導入した。その経緯について、総務部 […]

大阪府守口市では、平成19年10月からの内部情報系システムの刷新に伴い、情報漏洩対策として庁内と出先機関を含めたPC800台のアクセス制御に「DeviceLock」を導入した。その経緯について企画財政部情報システム課主任 […]

サンスターグループ・STARLECS(スターレックス)株式会社(以下STARLECS)では、USBデバイス制御を行なう目的として、国内総代理店である株式会社ラネクシーが扱う「DeviceLock」を導入した。その効果と経 […]